子どもの自転車に付いてるギアのメーターみたいなやつを修理したお話【CI-DECK】

子どもの自転車に付いてるギアのメーターみたいなやつを修理したお話【CI-DECK】

SHIMANO Optical Gear Display

子供の頃、メカっぽいものに出会うとテンションが上がりました。
友達の自転車に付いていたシフトレバーみたいなギアチェンジが羨ましかった思い出が。
でもうちの子はそうでもないみたいですケド…

子供用のおもちゃに大人がはまってしまいがちな婿どのimmukodono)です(・∀・)♪

息子の自転車に付いているギアポジションインジケーターは僕の子供の頃の憧れでした。

今回は故障してうまく動かなくなった自転車のインジケーターを修理したお話です^^

 この記事をザックリまとめると…
  • SHIMANOのHPにマニュアルがあるよ
  • 分解に特別な工具は必要ないし簡単!
  • 最後にワイヤーを正しい位置で装着するのが大事


Advertisement

CI-DECK„ギアポジションインジケーター

子供の自転車に装着されているSHIMANO Optical Gear Display CI-DECK„ギアポジションインジケーターID-CI300を分解して修理する方法

現在のギアが何速なのかを表示してくれるやーつ

 
男の子の自転車にはハンドルバーにこういうのが装着されている事が多いですね!

ただ、
ワイヤーに張りがなく、ギアチェンしてもウンともスンとも言わない状態になっています…

当の息子は壊れても何とも思わないみたいですが、
婿どのは直したくてソワソワしてしまいます(; ・`д・´)

まずは観察して、修理方法を探ります。

本体に記載のある【SHIMANO OPTICAL GEAR DISPLAY CI-DECK 】という名前を検索してみると…

ディーラーマニュアルがヒットしました!
 

子供用自転車によく付いている男の子の憧れギアポジションインジケーターのOptical Gear Display CI-DECK„を修理するために説明書を探したらSHIMANOのHPからディーラーマニュアルをダウンロードできた

SHIMANOのHPにディーラーマニュアルのPDFを発見!

 
これがあれば、勝利はほぼ手中に収まったかと(・∀・)♪

修理してみる【ID-CI300】

ディーラーマニュアル を開いてみると、ページの最後の方にメーター部分の調整方法が書いてありました。

メーター部分の確認

 

子供の自転車のギアの位置を教えてくれるメーターの品番をGoogleで探したらSHIMANO Optical Gear Display CI-DECK„ギアポジションインジケーターID-CI300のディーラーマニュアルを発見。説明書があれば修理も簡単

メーターの品番はID-CI300のようです

 
取り外し方は、上から指で押すだけのようです。

少し力はいりますが、グッと押したら難なく取れましたよ^^
 
SHIMANO Optical Gear Display CI-DECK„ギアポジションインジケーターID-CI300を取り外して分解してみるとネジで固定されている
 
小ネジで固定されているので、外してみます。
 
SHIMANO Optical Gear Display CI-DECK„ギアポジションインジケーターID-CI300を修理するために分解してみると、蓋の部分がギアポジションのメモリになっているが動きが悪いのでグリスアップした
 
開けてみると、メーター部分の蓋が収まっています。

蓋が回転することで、赤いメモリがギアポジションを指してくれる仕組みですが、蓋の動きが良くない気がします(´・ω・`)
 
SHIMANO Optical Gear Display CI-DECK„ギアポジションインジケーターID-CI300を修理するために分解してみると、ワイヤーのタイコは外れていなかった
 
更に蓋を外してみます。
ワイヤーのタイコが外れているのかと思いきや、ちゃんと固定されていました。
中身に巻きバネが仕込んであるので、ワイヤーを引っ張ると伸び縮みする構造です(˘ω˘)

この状態なら問題なく動くのですが、メーター部分の蓋をすると動きがかなり悪くなります

そこで、
動きを良くするために、蓋の周りをグリスアップして元に戻しました(´ω`)

シフター側の確認

続いて、グリップ部分のシフターを開けてみて中身を確認しました。
 

SHIMANOグリップシフターのカバーの外し方はネジのものもあるが子供用の自転車は爪で固定しているだけだったので、細い棒かマイナスど

横長の凹みに細い物を突っ込んで爪を押しこむと外れます

 
ディーラーマニュアルに載っていたシフターは、ネジを外すように説明されていました。
でも、
うちのは爪で固定しているだけでした!

細い棒やマイナスドライバーなどを押しこむだけで外れますが、力を入れすぎると爪が折れてしまうかもしれません。

なんでも優しさが大事ですよねσ(^_^;)
 

左のシフターはSHIMANOのEVOSHIFTのカバーを外す方法は爪を細い棒かマイナスドライバーなどで押しこむと、中のワイヤーのタイコが外れていました

Advertisement

片方が外れたら、後ろの爪はシフターをガチャガチャ回せば外れます

 
中を見てみたら、シフター側のタイコが外れていました。
 

シフターのワイヤーのタイコを元の穴に戻してギアポジションとインジケーターが連動するようにする

タイコと呼ばれる丸い引っかかり部分

 
元のおうちに戻してあげます。
 

SHIMANO OPTICAL GEAR DISPLAYの故障修理調整、シフター側のタイコが外れていました

シフターに開けられている丸い穴にタイコを収めます

 
タイコが正しい位置にあれば、ギアを回すとワイヤーが引っ張られます。
するとインジケーターのワイヤーが伸びてメモリが動く、という仕組み( ´_ゝ`)
 

ワイヤーが曲がっていたり引っかかると、シフターから引っ張る力がインジケーターに伝わらず正しいギアポジションを表示出来なくなる

ワイヤーが折れ曲がってないかチェック

 
ワイヤーが変な角度で装着されていたり、挟まっていたり、折れ曲がっていたりすると、テンションがかかってワイヤーの動きが悪くなります。

インジケーターのメモリがうまく動かなかったり、最悪の場合はタイコが外れる、ワイヤーが切れるなど、修理が必要になってしまいます。

正しい位置にあるってのは大事なことですね!

ギアポジションを正しく表示できていない場合は、シフター側のワイヤー出口が調整ネジになっているので、回して調節する

シフター側のワイヤー出口が調整ネジ

 
最後にインジケーターを確認してみて、メモリが正しい位置を示しているかチェック!

ズレている場合は、調整ネジをつまんで回します(•o•)و<ネジネジ
 
結構ズレていたので結構回しましたよσ(^_^;)
 

修理完了

正しい位置を示してくれるようになりました!

 

自転車インジケーター修理まとめ

 も一度ザックリまとめると…
  • SHIMANOのHPにマニュアルがあるよ
  • 分解に特別な工具は必要ないし簡単!
  • 最後にワイヤーを正しい位置で装着するのが大事

直そう!と重い腰を上げるのが大変なだけで、インジケーターの修理はとっても簡単でした^^

特別な工具も必要ないし、開けてみたらタイコが外れていただけでしたから。

構造的にインジケーターが動かない場合は、タイコが外れているか、ワイヤーが切れているか、のどちらかでしょうね。

でもそこまで力がかかるパーツでもないですし、大半はタイコが外れているだけだと思います( ̄ー ̄)

子供が喜ぶので、ほったらかしにしないでもっと早く直すべきでした…

後回し体質を変えていきたいと思います!

最後にギアの入りが悪くなっていたので、微調整して終わり。

漕ぎやすさが全然違う!!!

と興奮して出かけて行きました!

あぁ、これも早くやるべきだった…

では今回はこの辺で(*˙︶˙*)ノ”

修理してみますカテゴリの最新記事