【裏ワザ】脇のニオイ対策に強い味方!デオナチュレの残りを最後まで全部使い切る方法を見つけたというお話

【裏ワザ】脇のニオイ対策に強い味方!デオナチュレの残りを最後まで全部使い切る方法を見つけたというお話

いでよデオナチュレ!合体!

モテたくて自分の容姿に一番気を使っていた10代20代は、実はあんまりニオワないのに、
割とどうでもよくなってきちゃった30代で急にニオイが気になるんですよねぇ。

アラフォーに足を踏み入れた婿どのimmukodono)。

調理場が暑いので汗をかくのは仕方ないのですが、半日を過ぎるとT シャツのニオイとか、ワキのニオイとか、やっぱり気になります。

そんなニオイの強い味方、直塗りタイプの『デオナチュレ ソフトストーン』さん。

もう最高の消臭力なんですが…
スティックのりタイプなので、一番下が残って最後まで使い切れない!

貧乏性の婿どのがどうすれば使いきれるか試行錯誤してみましたよ♪

Advertisement

効果抜群だけど使い切れないもどかしさ

脇のニオイが気になる者達にとっては、もはや説明も必要ないくらい有名な【デオナチュレ ソフトストーン】ですが、
一応説明しますと…

脇に直塗りするタイプの制汗剤で、さらっと塗れて効果が長続きすると口コミで話題になり、@cosmeではベストコスメアワードの殿堂入りを果たしています(゜_゜)

変な化学物質が原料という訳ではなく、焼きミョウバンが主成分なので、そういった面でも安心感があります。

 

とにかく消臭効果が高い、デオナチュレ先生。

しかしスティックのりタイプの宿命…

最後まで使いたくても、そのままでは台座に食い込んだ部分がどうしても使えません。

無理してグリグリやると脇が痛くなってしまいます(/ω\)

でも何とかして使いたい!

まずは、皆がどんな工夫をしているのか検索してみました( •̀ .̫ •́ )✧

スティックのりやリップクリームの残りはどうやって使う?

( 一一)

色々と検索してみましたが、

『なるほどっ(๑• ̀д•́ )』

というような方法は見つかりませんでした。

残りをかき出して、別の容器に入れて使う
残りをかき出して、新しいスティックのりに入れて押し固める
マックのマドラーを使って、ちょっとずつ使う
アイスの木べらを使って、ちょっとずつ使う

などなど…

なかなか皆さん苦戦しています。

デオナチュレの場合、
かき出してもボロボロになってしまい使いにくそうです。

なのでこの中で一番マシなのは、木べらでですね。

木べらならデリケートな脇にも優しく塗れる?

でもいちいち木べらを使うというのも、ねぇ(๑•́ω•̀)

そこで婿どのは、ある実験をしてみました!

デオナチュレを溶かしてしまえ

やはり、新品と同じように使えるアイディアが一番最高ですよね。

残ったデオナチュレを新しいデオナチュレに合体させることは出来るのか?

やってみました。

まずは残りを取り出してみます。

デオナチュレの残りを外すには

裏のシールを剥がすと穴が開いています。
そこから箸や鉛筆などの細い棒を突っ込むと、ボロっと残りが外れます。

外した台座の部分を見てみると、約1cmくらいはあります。

デオナチュレを最後まで使った残りの部分

デオナチュレ ソフトストーンはそんなに安くないので、
この1cmはかなり大きいっ!

それでは取り外した残りを、電子レンジで加熱してみます!

意外と溶けないので、600Wで1分近くかかりました。

だんだん透明になり最後はドロドロ〜

*加熱中は電子レンジから目を離さないように!!

デオナチュレソフトストーンを電子レンジへ

しっかり溶けたら、予め反対側に回し下げて凹みを作っておいた、新品のデオナチュレに注ぎ入れます。

固まれぇぇぇ〜!

デオナチュレソフトストーンを溶かしてくっつける

固まりました(´ω`)

あとはちゃんと使えるかが重要ですが、

バッチリ使えましたよ!!

しっかり同化していますが、折れる可能性も無きにしもあらずなので、少しずつ出して使いましょう( •̀ .̫ •́ )✧

残りを捨てるなんて、どうかしてるぜ!

デオナチュレを使い切るまとめ

残ったデオナチュレはレンジでチンして溶かせば、また新品同様に使えるという事が分かりました!

やってみて大事だと思ったことは、

デオナチュレを加熱する時は、透明になるまでしっかり溶かすこと

加熱し過ぎは危険なので、レンジの窓から確認しながら加熱時間を調節すること

くっつけたデオナチュレを使う時は、折れやすいので出しすぎに注意して使うこと

以上を注意してやれば、新品同様に使えます!

今まで1cm分のデオナチュレを捨てていた事を考えると、かなりお得に使えると思いますよ♪

この結果には、
脇のニオイに悩みを抱える者達が涙するに違いありません!

是非やってみてはいかがでしょうか??

節約生活カテゴリの最新記事