第五話: キッチンタイマー

第五話: キッチンタイマー

理解の上を越えていく

『時間』といえば、こんな事があった。

圧力鍋に火がかかった状態で、タイマーが鳴り響いていたのでストップボタンを押して止めた。

圧力鍋に関しては、まだ教わっていない仕事だったので、その場にいなかった姑マンにこの後どうするのかを聞きに行く。

すると突然怒りだした。

!!?

姑マン: 「タイマーが0になっていないじゃないか!!」

見るとタイマーが鳴る前に設定した20分を表示している。

どうやら、
タイマーが鳴っている状態で「ストップボタン」を押してしまうと、設定タイムのままになるようだ。

このとき、「分」or「秒」のボタンを押せば、タイムが0に戻るという仕様らしい。

なるほどね…
いや、知らんがな。

何故この程度のことで怒る必要があるのか。

こうでなければならない
というストイックなまでの現状維持体質は、キッチンタイマーの操作一つにまで及ぶ。

姑マンのルーティンワーカーぶりには、滅入りそうになる心をなんとか維持するので精一杯だ。

しかし、
まだこの世界に足を踏み入れたばかりという…

恐ろしきかな、婿生活。

世の中のほとんどの婿と呼ばれる人種は、いい人に恵まれているのだと思う。
きっとそうだ。

今更ながらババを引いてしまった感が押し寄せる。

まだまだ底なし沼は広がる。

婿はツライよカテゴリの最新記事