記事を書いた人の「Autherアイコン」をスマホのお絵かきアプリで作って公式アバターサービスのGravatarに登録してみました|WordPress

記事を書いた人の「Autherアイコン」をスマホのお絵かきアプリで作って公式アバターサービスのGravatarに登録してみました|WordPress

『Auther』とは作者という意味

「この記事を書いた人」っていう、
ブログを読んだあとに出てくるアレを作ってみたかったので、自分のアイコンを描いてみました(´ω`)

お絵かきはたしなむ程度ですが、実はiPhoneで書いたLINEのスタンプを販売したりもする婿どのmmukodono)です(・∀・)♪

今まで自分の似顔絵を書いた事はなかったのでしたが、学生の頃はいつも教科書の下に先生の似顔絵を書いていたので、iPhoneアプリで似顔絵作成に挑戦してみましたよ!

Advertisement

お絵かきアプリ【ArtStudio】

婿どのが使っているのは、【ArtStudio】というiPhoneアプリです♪
 

ArtStudio - Draw and Paint

ArtStudio – Draw and Paint

Lucky Clan¥600posted withアプリーチ

 
アドビのフォトショップのiPhone版みたいなアプリで、機能満点です!

フォトショップ使ったことないけど 笑

このアプリのイイなぁと思うところは、
指のジェスチャーに「Save」とか「Move」といったアクションを登録できるのが使いやすいです。

例えば…指三本で左フリックすると「Save」など。

現在はバージョンアップ版の【ArtStudio Pro】がリリースされているのですが、旧バージョンの方に慣れてしまっているのと…
指のジェスチャー機能は無くなってしまったみたいなので、切り替えられていません。

いつも通り旧バージョンでアイコン作りをスタート(๑˃̵ᴗ˂̵)و

まずは手書きでラフを

アプリでお絵描きするのですが、
下書きは手書きで書きたいタイプなので、近くにあったメモ用紙にザックリとしたラフを書きました。

それを写真に撮って【ArtStudio】に取り込みます。

ArtStudioに手書きのラフをカメラで写して取り込み、罫線やゴミをコントラストやブライトネスの調整で飛ばす

メモ用紙の罫線などが邪魔なので、コントラストなどを調整して、ゴミを飛ばします。

うん、

エラがいい感じにシャープ!

パーツごとにレイヤーを分けて描き込んでいく

取り込んだラフをなぞるようにして、輪郭や目、口などを書き込んでいきます。

パーツごとに、重ねるレイヤーを分けて書いていくと、後で調整するのが楽になりますね♪

ラフに上書きするように、レイヤーを変えながら書いていき、最後に色を塗る

ちっちゃいアイコンなので、ベタ塗りでサクサク塗ってしまいます!

バランスを調整

最終段階。

顔のバランスや画像サイズを調整したり、お玉を持たせて料理人っぽくしてみたりしました( ´_ゝ`)

細かな調整をして、背景を塗ったらワードプレスのAutherアイコンがひとまず完成

最後に背景を塗って、ひとまず終了!!

『Gravatar』でアバターを登録する

作ったアイコンをアバターとして登録するために、ワードプレスアカウントのプロフィール編集ページへ。

そこに【あなたについて】という項目があります。

ちょっと下へスクロールすると…
Gravatarでプロフィール写真を変更できます』と書いてあります。

『Gravatar』って何?

よく分からなかったのでググってみたところ、Wordpress公式のアバター設定は、この『Gravatar』というサービスを使っているそうです( •̀ .̫ •́ )✧

プラグインを使ってアバターを設定した方が、好みの形に編集できるみたいですが、プラグインを増やしたくないのでとりあえず『Gravatar』を使ってみます。

サインイン!

Gravatar』にアクセスしてみます。

婿どのは英語のサイトで登録してしまいましたが、このリンクはGravatarの日本語サイト です。

『Gravatar』のサインインは、ワードプレスアカウントを持っているなら簡単です(´ω`)

サインインしたら、ユーザーページが表示されます。

Gravatarにサインインして画像を登録する手順

登録しているアカウントのメアドを追加したり、修正したりできますが、ここはひとまずそのまま放っといて、下の方へ。

英語で、

おっと、まだ画像が登録されてませんよ

的なコメントが表示されているので、プロフィールアイコン用の画像を登録してみましょう!

画像を選択してアップロード

Gravatarにアイコン用の画像をアップロードする方法

iPhoneのカメラロールからも登録できましたよ!

アップロードしたアイコンを切り抜きして登録。あとはレートを選択します。

画像をアップロードしたら、好きなサイズに切り抜く事ができます。
ちょっとだけアップ目で切り抜きました。

次に「画像のレート」を選択します

「レート」というのは、『制限の公表』みたいなものですね!

映画のPG-15とかR-18指定というのと同じです(˘ω˘)

暴力的だったり、エロが過ぎる場合は『G』より下にしなくてはなりませんが、婿どのにエロ要素はないので『G』にしておきます。

でも、Gというのも…

いや、なんでもありません( ̄ー ̄)

使用するアカウントを選択したら、1分くらいでプロフィール画像として反映されました

最後に登録した画像を使用するアカウントを選択したら、1分くらいでプロフィール画像として反映されました!

アウトラインや影をつけてみたり背景を変えてみました

最終的に、輪郭にアウトラインを入れたり、影を付けたりしました。
背景もノッペリじゃつまらないので、チェッカーフラッグみたいにしてみました(*˙︶˙*)ノ”

Autherアイコンを作ってみたまとめ

 ザックリまとめると…
  • スマホアプリでもアイコンを簡単に作れる
  • スマホから登録・アップロード可能
  • Gravatarの設定は難しくなかった

使ってるWordpressテーマのLION MEDIAの仕様なのかもしれませんが、せっかくアバターを作ったのにAutherに表示されるアイコンが小さいのがちょっと不満でもあるので、いつかプラグインで編集するかもです(*´ڡ`●)

あんまり参考にならないかもしれませんが、最初から最後まで結構簡単でしたので、これから作ってみる方の参考になればと思いま〜す( •̀ .̫ •́ )✧

ブログランキング・ブログ村

ブログとアプリと私カテゴリの最新記事