iPhoneのバッテリー交換をしたいけど、持ち込み予約が全然取れないので代替機を借りて配送修理をしましたのん

iPhoneのバッテリー交換をしたいけど、持ち込み予約が全然取れないので代替機を借りて配送修理をしましたのん

iPhoneの修理は色々大変ですね

代替機の方が容量がおっきいし、このままこの子を返したくない…そんな気分でしたよ。

iPhone8に変えてから1年くらい。
かなり使い倒してきたので、バッテリーの減りを感じてきた婿どのimmukodono)。

iPhoneの対象機種が3,200円で交換出来るキャンペーンをやっているので、この機会に交換したいと思っていたのです。

通常は8,800円なので、結構お得ですよね(・∀・)♪

キャンペーンの期限は2018年12月末まで。

Advertisement

持ち込み交換は予約がなかなか取れない

スマホを手放したくないので、出来れば当日中に修理したいですよね。

しかしアップルのサポートから『持ち込み修理』の予約を取ろうと思ったら、全く取れない…

ちょくちょくアクセスしてるんですけど、ホントに時々しか空きが出てこない。
丁度良い時間に予約を取る為には、運が必要です。

アップルの持ち込み修理は予約が取れない

一体どこのショップなら予約が取れるのかを探していたら、大阪でしたよ(゜_゜) (行けるかいな)

代替機を借りて配送修理じゃい

予約が取れないんじゃ仕方ない。

じゃあiPhoneを送って交換してもらう!

でも話はそんな簡単じゃありません。
だってその間スマホを失うんですもの。

キャリアで代替機は借りられる

昔使っていたiPhoneやアンドロイドでも代わりのスマホが手元にあれば、SIMカードを差し替えて、場をつなぐことが出来るんですが…
婿どのには余ってるスマホがありません。

そこでiPhoneの代替機が借りれるのかどうか、
ソフトバンクショップに聞いてみたら…

店舗に代替機の在庫があれば貸し出し可能です。

とのこと!

もちろん無料
(ただしソフトバンクの場合30日間)

その他のキャリアも、貸し出しがあるそうです。今すぐ電話して確認すべし!

代替機を借りるのも大変

やった!じゃあ貸してください!!

『すみません。在庫がすべて出払ってしまっています』

ちーん(๑•́ω•̀)

でも、ショップのお姉さんが、
『他の店舗なら在庫があるかもしれないので、電話で確認してみて下さい』

とアドバイスしてくれました。

ショップを巡っても、在庫が無ければ無駄足ですからねσ(^_^;)

そこから近場のソフトバンクショップに電話をかけて、
4店舗目でようやく代替機が借りれました

代替機の方が容量大きいやん

借りれたのはその日に入ってきたばかりというiPhone7( •̀ .̫ •́ )✧

一世代前ながら128GBのやつです。

婿どのiPhone8は64GBなので、容量が倍!

なにこれ、
写真とかアプリとか夢とか希望とかまだまだ詰め放題やん!

見た目も全然変わらないし。
iPhone7とiPhone8のスペックの差は、
もうちょっとあって欲しかったなって思いますね。

正直こっちの方がイイかもなんて思っちゃいましたが、30日を超えて使うと延滞金がかかる上に通信制限されます、こわい。

配送修理を手配しよう

代替機が借りれましたので、早速配送修理の手配をアップルのサポートから行いました!

バッテリー交換の手順

アップルサポートから
 

下の方にスクロールすると「配送修理」が出てきますのでタップ。

アップルサポートの配送修理

修理する端末の選択

次に、バッテリー交換する端末を選択します!
シリアルナンバーなどの入力が求められる場合があります。

iPhoneバッテリー交換の見積もり

配送先の指定

見積もり金額を確認したら、
配送先の住所を入力します。

婿どのは自宅ではなく、
確実に受け渡しができる職場に変更しました。

支払い方法の選択

支払いは代引きか、クレジットカードが選択可能。
最終見積もりが出てくるので、間違いなければどちらかを選択します。

iPhoneの修理の支払いは代引きかクレジット

最後に規約に同意して終了です。

iPhoneを修理に出す際の注意点

『iPhoneを探す』をオフにするように念を押されます。

これがオフになっていないと、アップル側もiPhoneを操作できなくなってしまいます。
修理に支障が出るので、確実に行いましょう。

iPhoneを探すをオフにする

その他、

  • バックアップを取る
  • iMessageをオフにする
  • SIMカードを抜く
  • フィルム・アクセサリー類は戻ってこないので外す

など、配送前にしっかり確認する必要があります。

iPhoneのバックアップを失敗しないために

代替機にデータを移すためにも、バックアップを取る必要があります。

しかしバックアップの容量はかなり重たいです。
10GB以上は平気で越えていきます(´・ω・`)

婿どののパソコンは、CドライブがSSDの為、容量があまり大きくありません。

ただでさえプログラムファイルで容量が逼迫しているのに、
iPhoneのバックアップデータまで保存したらカツカツになってしまいます。

実際、婿どのは容量が足りなくなってしまい、何度やってもiPhoneのバックアップが取れないという事態に陥りました。

バックアップファイルを違うドライブに保存しよう

婿どのはまるまるこちらのサイトを参考にしましたのでご覧ください
 

こちらのサイトではジャンクションを作成するという方法を使っているのですが、

Cドライブの【MobileSync】配下に何も無い状態にする

というのがポイントです。

【MobileSync】の下には【Backup】というフォルダがあるので、それをまるごと別のドライブに移動して無くしてしまいましょう。

婿どのはフォルダを作るのが面倒くさいので、【Backup】フォルダごとカットしてFドライブ直下にコピーしました(´ω`)

後は上記のブログのように、コマンドプロンプトでジャンクション先を指定して終わりです。
 mklink /J Backup F:Backup

これを行っておけば、安心してバックアップが取れますよ( ̄ー ̄)

修理状況

集荷はヤマトさんが事前に電話までくれて、丁寧に行って頂きました。

専用の箱に大事に包まれて出発(๑•́ω•̀)

修理状況はマイサポートから見る事が出来ます。

マイサポートでiPhoneの修理状況を確認

3日も前にiPhoneを送ったのに、まだ
梱包箱を発送しました。まもなくお手元に届きます。
になってるのが心配ですが。

ヤマトの配達記録を見てみると…
箱がお手元に届くどころか、もう返送先に届いているので、このタイムラグはアップルらしくないですね(๑•̆૩•̆)

とにかく今は、iPhone8が帰ってくるのを待ちましょう。
帰ってきたらまたアップします。

iPhoneの配送修理まとめ

配送修理の前に代替機を借りよう
代替機は少ないので電話で要確認
iPhoneを探すは確実にOFFる
PCへのバックアップは保存先を変えよう

早く戻ってこーい!!

徒然とカテゴリの最新記事