自分で出来るウイスキーのエイジング

自分で出来るウイスキーのエイジング

普段からトリスとか、ブラックニッカなどの安いウイスキーを常備していて、
こないだ買ったSodaStreamの炭酸で割ってハイボールを飲んでいますv(*´∀`*)v
だってその方が缶ビール買うより安いから
その一点で、家ではハイボール(・∀・)キッパリ‼︎
でもやっぱり何年物〜とかいう、値段もお張りになはるウイスキーは美味しいんですよねぇ。
お世話になってる新宿の鉄板焼き屋さんで、そんな事を喋っていたところ、
こんな方法を教えてもらいました(^-^)

スポンサーリンク



style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-7469898030696599″
data-ad-slot=”1222662745″
data-ad-format=”auto”>

ミズナラの木片を入れる

ウイスキーというのは蒸留酒を樽に入れて貯蔵することで、独特の香りをまとい、深みあるお酒に成長していきますよね。
トリスとかの安いお酒は、素材が悪いから安いのではなくて、ただ少し若いお酒という風に言われます。
エイジングを重ねて、深いお酒に成長していくんですね。
簡単なエイジングの方法として、香り付けするマドラーとか、安いお酒でも美味しく飲める工夫は色々あるそうですが…
今回は先ほどの鉄板焼き屋さんに頂いたミズナラの木片を使ってウイスキーのエイジングをやってみましたよ( ̄ー ̄)
86F7FB03-B035-4603-BA6C-A3990F768D44.jpg

樽を再現するということ

ウイスキーを樽で貯蔵するといっても、樽の素材によって味の変化も様々。
とりわけジャパニーズウイスキーは、伝統的にミズナラの木で出来た樽が使われているんだそう。
ミズナラはエイジングのスピードが遅く、長期の貯蔵が必要みたいですが、その風味は近年、世界でも認められてきています。
ジャパニーズウイスキーたる所以は、ミズナラの木と言っても過言ではありません。
樽というと「オーク」という言葉を聞いたりしますが、オーク=楢(ナラ)のことを指しています。
「アメリカンオーク」とか「ヨーロピアンオーク」とか種類も様々ありますが、
ミズ”ナラ”は「ジャパニーズオーク」と言えますね(・∀・)♪
とまぁ浅い知識でウンチクみたいな事を述べても仕方ありません。
とにかく樽に入れて保存するなんて、自宅では現実的ではないので、木片を入れてしまおうよ、という訳であります(・∀・)♪

ミズナラの表面を焼きます

ウイスキーを入れる樽は、内側をガッチリ焼く「チャー」という工程があるんです。
ウイスキー樽の焼き入れ「チャー」の工程じゃ!| わしのツイスキー
ミズナラ貰った鉄板焼き屋さんに、
「結構焼いちゃいなYo」と言われたもののどのくらい焼いていいものかと不安になってましたが、
「チャー」の画像を見ると…
C8AFBDA7-1B3F-407C-B098-2FE4BA23E728.jpg
すんごい焼いてます(。・_・。)
なのでコンロでガッツリ焼いていきました!
069DB41C-662D-4E04-8DFF-6FBE2100AAA4.jpg
おらおらおらー
E87F5BA9-1A72-4C74-8885-7429A0492DE8.jpg
プスプスプス…
しっかり表面を炭化させました。
焼き具合の違いでも、熟成の風味が変わるといいます( •̀ .̫ •́ )✧
これを飲みかけのトリスにin!
D2B10B2A-E548-4371-9D4A-B16E3985396F.jpg
上が出ちゃってるので、他のウイスキーをブレンドして楽しみたいと思います!
もう一本ミズナラの木片があるので、違うウイスキーにも試したいですね〜
ウイスキーの深〜い世界を垣間見た気がします。
が!
熟成まで待てる気がしません(; ・`д・´)
くぅ〜
みなさんもお試しくださいませ(´ω`)

節約生活カテゴリの最新記事