iPhoneのLive Photosをgif・動画化できるMotion Stillsが面白い

iPhoneのLive Photosをgif・動画化できるMotion Stillsが面白い

子供の写真で大活躍

シャッターチャンスは一度きり。
でもiPhoneのLive Photos(ライブフォト)ならその一瞬が3秒になるから助かります。
アプリを使って、その3秒をつなげると素敵ムービー作れるのであーる。

子供の写真がうまく撮れない婿どのimmukodono)。

3人子供がいると、奇跡でも起こらない限り、
みんながこっち向いてニコニコ〜(´ω`)
なんて写真は撮れません…

Live Photosのおかげで、だいぶ良い写真が撮れるようにはなりましたが、下の子が1才なので、まだまだ奇跡待ちの状態は続きます(゜_゜)

Advertisement

Live Photos(ライブフォト)って?

Live PhotosはiPhoneの純正カメラアプリに備わっている機能で、シャッターを押した前後1.5秒の合計3秒を動画のように記録してくれるもの。

音声も記録されるので、間違って再生されてビックリした経験は婿どのだけではないはず(๑•́ω•̀)

 
Live Photos機能のON/OFFは、「写真」モードの黄色の丸アイコンをタップ。

iPhoneのカメラアプリ
iPhoneのカメラアプリ

実は「スクエア」モードでは、Live Photosが撮れないんですねぇ(・д・`*)

ここまでは、ほとんどのiPhoneユーザーがご存知のところですが、
今回はLive Photosをgifや動画に出来るアプリを紹介したいと思います( ̄ー ̄)

Motion Stillsでgifと動画に

Motion Stills - GIF, Collage

無料
(2018.10.19時点)

 App Store

posted with ポチレバ

GIF化出来るアプリは沢山存在しますが、
こちらはGoogleさんのアプリなのでなんとなく安心です。

こだわりが無ければ、必要最低限の機能が備わっているように思います。

 

そもそもgifって?

gifというのは画像データ記録方法の1つです。

jpegやpngとの大きな違いは、
パラパラ漫画のように複数の画像をコマ送りで記録するアニメーションgifといった拡張機能があることです。

GIFアニメーションはこんな感じ
GIFアニメーションはこんな感じ

一般的にgifというと、このアニメーションgifの事を指すことが多いですね。

GIFはブログにオススメ

ブログには分かりやすい記事が求められます。

婿どのも分かりやすいブログにしたいのです(๑•́ω•̀)

分かりやすいブログにしたい

同じ画像でも、動きがあると視覚的に分かりやすいかと思います。
動物などは動きがあると、より可愛く見えたりします( ´_ゝ`)

 
百聞は一見にしかず、といいますが、
言葉でどんなに説明するよりも、目で見る方がずっと説得力がありますよね!

ブログに動画を貼り付けるとなると、少し大変ですが、GIFは気軽に投稿できるので使い勝手がかなり良いです♪

 

Motion Stillsの使い方

使い方は非常に簡単です♪

アプリを開くと、
ライブフォトの写真が表示されます。

 
編集したいライブフォトをタップ!

MotionStillsのメイン画面
MotionStillsのメイン画面

 
Motion Stillsの編集画面で出来ることは、

  • 手ぶれ補正
  • ループ or リバース
  • 音のON/OFF
  • 文字入力
MotionStillsの編集画面
MotionStillsの編集画面

手ぶれ補正はデフォルトでON
手ぶれ補正はとても優秀ですが、動画が歪むことがあるので、気になる場合はOFFにします。

リバースを使うと逆再生のおもしろ動画が作れそうですね( ´_ゝ`)

 
文字入力は、選べるフォントが少ないですが、複数を重ねて入力することができます。

文字入力
文字入力

文字の色と背景色は用意されたものしか選べませんので、ここの自由度は少ないです。

 
出力先はライブフォト・GIF・動画

出力先を選ぶ
出力先を選ぶ

変換後、端末に保存したり、Twitterなどにアップしたり、共有先を選ぶことができます。

Motion Stillsで作るムービーがオススメ

複数のライブフォトをつなげるショートムービーはオススメ!

ムービーを作る時は複数枚選択
ムービーを作る時は複数枚選択

とにかくスワイプて選択して、
ライブフォト同士をくっつけるだけ。

直感的に作れます(・∀・)♪

出力を動画にすれば音声も再生されるので、
きちんと編集したようなビデオが出来上がります(*˙︶˙*)ノ”

 
動画の撮影って、ダラダラと全体を撮影しがちですが、
写真を撮るときはその時のハイライトを撮影しますよね。

イベントのハイライトが組み合わされば、
素敵なムービーに仕上がるのも頷けますね ( ̄ー ̄)ウンウン

BBQとかパーティーのあと、
Motion Stillsでライブフォト動画を作ると、
短時間でササッと作れる割に、イイ感じに仕上がるので、みんなに喜ばれますよ〜♪

 

Motion Stillsのイマイチなところ

そんな便利なMotionStillsさんですが、イマイチなところも多いです。

写真のトリミングが出来ない

写真の縦横比を変えたりすることは出来ません。

ライブフォトを写真アプリでサイズ編集しても、
Motion Stillsではオリジナルサイズで表示されてしまいます。

横に細長い画像の方がブログでは見やすかったりするので、サイズ変更出来たら嬉しいんだけどなぁ!

と思ってしまいます。

ライブフォトの再生時間を調整出来ない

ライブフォトを記録されている部分には、不要なところもあるかと思います。
撮ったあとカメラを動かせば、被写体から離れていく映像も記録されてしまいます。
そういった部分はカットしたいですよね。

でもMotion Stills内では、再生部分のカットは出来ない仕様になっています。

カットするには、
写真アプリで再生時間を編集するなどしてから、Motion Stillsで動画化しなくてはなりません。

この部分はかなり面倒くさいですね。

写真をフォルダから選べない

Motion Stillsで写真を選択するとき、
小さいサムネイルではなく、大きなライブフォトが画面いっぱいに表示されます。

「お気に入り」や「予め用意しておいたフォルダ」を選択できればいいのですが、
カメラロールのすべてのライブフォトが表示されるので、お目当てのライブフォトを探すため、ひたすらスクロールしなくてはいけません。

いけません。いただけません。

Motion Stills まとめ

● ライブフォトをGIF化するのはとても簡単。
○ Motion Stillsで、ライブフォトを使ったムービーを作ると、とっても素敵。
● 出来る機能は少ないので、割りきって使うべき。

その日あったイベントを、手っ取り早くまとめるのに、
Motion Stillsがあるとライブフォトムービーが出来てとても楽しいよ!

ということが分かった婿どのでした( •̀ .̫ •́ )✧

 
今回はGIFを貼りすぎて、かえって分かりにくかったような…

ブログとアプリと私カテゴリの最新記事