自転車のタイヤの歪みを直してみました(˘ω˘)

自転車のタイヤの歪みを直してみました(˘ω˘)

子供用に中古で仕入れた【レンラッド】という自転車が余りにもくたびれていたので、補修するシリーズ第二弾(˘ω˘)

ホイールの歪みの直し方( ´_ゝ`)

今回紹介する方法は、
彩 on your world 』さんの記事を参考に挑戦しました♪

割と簡単でしたので、
「自転車のタイヤがなんか揺れるなぁ」
とお悩みの方は、『ニップルレンチ』一つで直るかもしれませんよ〜( ̄ー ̄)ニヤリ

※すべての歪みが直るとは限りません(。・_・。)

Advertisement

ホイールが歪んだら交換しなきゃいけないと思ってた

ヤフオクで落札したレンラッドは、
前輪を回すと、横にフラフラ〜と揺れる状態でした₍₍ (̨̡ ‾᷄⌂‾᷅)̧̢ ₎₎

自転車に使われている「スポークタイヤ」の構造も知らず、

「フレームが歪んでしまってるんだ…仕方ないか。。。」
と諦めていたのですが、

なんの気無しに見た先ほどの『彩 on your world 』さんの記事を見てタイヤが揺れる原因を知り、目から鱗が落ちました!

スポークタイヤの構造を知る!

スポークタイヤは、
車輪の中心(ハブ)から放射状に伸びた針金(スポーク)が、
均等な力で車輪の外側(リム)を張ることで、
綺麗な円形を形作っています
( ´_ゝ`)

スポークの張力のバランスが崩れたり、
スポーク自体が伸びることで車輪全体に歪みが生じます(゜_゜)

この状態を修正するには、
スポークの張力を正常にする必要があります!

スポークはニップルというネジのような構造になっているので、
ニップル回し】と呼ばれる特殊な工具で回すことで張力を調整します((φ(・д・。)ホォホォ

ニップル回し】は、安くて他の自転車にも使えそうなやつにしました( •̀ .̫ •́ )✧

ピンキリですが、300円くらいのでも充分使えました♪

 

縦振れと横振れ

ホイールの歪みには、「縦振れ」と「横振れ」があります。

縦振れ」はホイールの円形が崩れた状態。

回転すると上下に動くような挙動になります(´・ω・`)

横振れ」は左右のバランスが崩れ、回転すると横にフラフラと動きます(´ω`)

この両方を直すことでタイヤは正常な形を取り戻します〜

動画では分かりにくいですが、横にフラフラと動いています。

そこでニップル回しで、左右の振れている部分のスポークを回します!

彩 on your world さんの記事では、タイラップを使って揺れのチェックを行っています!

すごいアイディア!

しかし!
タイラップが無かったので、ブレーキの位置とタイヤの隙間を見て揺れを判断しましたっ(つまり適当!)

※ここは正確に振れを具合を見て調整することをオススメしますσ(^_^;)

それでもかなり振れを抑える事が出来ました〜(*´ڡ`●)

完全に抑える為には、
ちょっと経験値が必要かもしれませんが、しっかりタイラップで振れ具合を確認しながらやれば素人でも簡単に出来そうです!

また、
振れを抑えることで、ブレーキの効きも良くなり、これまた安全性能が向上しました♪

何よりも安全が第一な乗り物ですから、
タイヤの調整はかなり重要ですね(*´▽`*)

今回の修理はここまで!

またイジることに着手しましたらご報告に上がります!
では!
ジョワッ!!

おうちDIYカテゴリの最新記事